Livermore class destroyers
USS Monssen (DD-436) 1942 (Cyber-Hobby 1/700)
USS Gwin (DD-433) 1942 (PIT-ROAD 1/700)

欧州海戦史の編集をしていてなかなか自分の作りたいキットを作れなかった時に、 いつか作ってみたいと思っていたキットがありました。 それがこのサイバーホビーのベンソン/リヴァモア級駆逐艦です。 サイバーホビーというのはドラゴンモデルズのブランド名です。 このキットは部品や組み立て説明書を見る限りは非常に精緻なキットです。 今回はこのキットを使用し米駆逐艦モンセンを製作します。

サイバーホビーのベンソン/リヴァモア級駆逐艦は何種類かの製品がありますが、 今回使用するのはリヴァモアとモンセンのセット(左上写真)です。 キットは2隻セットになっていて片方をWL、もう片方をフルハルで製作できるようになっています。 左下の写真はキットの内容物で一隻分の部品です。 船体はWLとフルハル両方を写真に入れました。 非常に多数の部品ですが他の製品と部品を共通化しているので不要な部品もかなりあります。 ただ、通常のキットでは省略されるような細かい装備も部品に含まれていますのでキットに対する期待は膨らみます。 キットには少しですがエッチングパーツも含まれています。

このキットの専用エッチングパーツがフライホークから発売されていますが、 今回はキットの実力を知るために専用エッチングパーツは使わずにできるだけストレートに作ろうと思います。

今回は比較ということでピットロードのキットも製作します。 ピットロードからもリヴァモアとモンセンが製品化されていて、下写真がキットの箱と内容物です。 サイバーホビーのキットと比較すると非常にシンプルな部品構成です。 ピットロードからはリヴァモア級用エッチングパーツも発売されていますので、 今回の製作ではそのエッチングパーツも使用し米駆逐艦グウィンとして製作します。

リヴァモア級は前級であるベンソン級とほぼ同型です。 ベンソン級はシムス級の後継として設計され、 1938年度計画で8隻建造されてから更に1941年度計画で24隻が追加で計画され計32隻が建造されました。 ベンソン級がシムス級と大きく異なる点は艦の生存率を高めるため缶-機関・缶-機関のシフト配置をとり、 煙突の本数が一本から二本になったことです。

続くベンソン級とほぼ同型のリヴァモア級は計64隻もの艦が建造されベンソン/リヴァモア級駆逐艦は大戦前半の米主力駆逐艦になりました。 ベンソン級とリヴァモア級の大きな違いとしては、リヴァモア級はギブス&コックス社が設計したことにより煙突の断面が ベンソン級の楕円と異なり丸くなっていることです。 ただ、ベンソン級の中でもグリーブス(DD-423)とニブラック(DD-424)はギブス&コックス社の設計となっているため、 煙突の断面がリヴァモア級と同じ円形になっています。 そのためリヴァモア級はグリーブス級とも呼ばれています。

モンセンとグウィンについて述べると、 モンセンはリヴァモア級駆逐艦として1941年3月14日に竣工しました。 モンセンは第二次大戦初期は大西洋に配備されていましたが、 1942年3月に太平洋に派遣され同じ時期にパナマ運河経由で太平洋に回航されてきた空母ホーネットの対潜護衛を行いました。 モンセンはそのままドーリットル空襲のため出動した空母の護衛に従事し、その後はミッドウェー海戦、南太平洋海戦などを転戦しました。 しかし、同じ年の11月13日に第3次ソロモン海戦(その1)で日本艦隊と交戦し沈没しました。

一方、グウィンは1941年1月15日に竣工しました。 グウィンも第二次大戦初期は大西洋に配備されていましたが、 1942年3月に太平洋に派遣されました。 グウィンはドーリットル空襲、ミッドウェー海戦で空母の護衛に従事したのち、第3次ソロモン海戦(その2)で日本艦隊と交戦しました。 グウィンは損害を受けたものの米艦隊の駆逐艦4隻のうち他の3隻(ベンハム、ウォーク、プレストン)全てが失われたなかで唯一生き残りました。 グウィンはメアアイランドで修理を行い再び南太平洋の戦いに向かいましたが、 1943年7月13日コロンバンガラ島沖海戦で日本艦隊と再び交戦しました。 米艦隊は探照灯照射を行い米艦隊にとって絶好の目標となった日本軽巡神通を沈めたものの、 軽巡セントルイス、ホノルル、そして駆逐艦グウィンが日本駆逐艦が放った魚雷を受け大破しました。 グウィンは後に海没処分されました。

資料ですが製作にあたっては以下の書籍とサイトを主に参考にしました:


製作記(その9)

前回では船体のエアブラシ塗装が終了しましたので、 今回はマスキングではみ出した部分の塗装の修正を行います。 どんなに完璧にマスキングしても塗料がマスキングした部分にはみ出してしまうことがあります。 はみ出した部分は筆塗りで修正します。 はみ出した塗料が多くて厚みのある塗料の塊になっている場合は、1000番くらいの耐水ペーパーで塗装面を平らにしてから筆塗りで修正します。

また、モンセンの迷彩パターンですがかなり大雑把にマスキングしましたので、細かい迷彩パターンは筆塗りで調整します。

修正が完了したらタミヤのエナメル系の艶消し黒の塗料で全体を薄く塗装し、余計な塗料を綿棒や細かくちぎったティッシュでとっていきます。 これはある意味「スミ入れ」という作業です。 エアブラシ塗装したままだと塗装面が同じ色になってしまい「のっぺり」とした仕上がりになってしまいます。 「スミ入れ」作業によって同じ色でも場所によって濃淡ができ、塗装面が場所により変化します。 実物も同じ色で塗装された部分でも場所によって濃淡があるものです。

今回の作業で全体の塗装はほぼ終了しましたので、次回からは塗装を終えた部品の組み立てを進めていきます。(2018/12/16)


製作記(その8)

前回エアブラシ塗装の準備として平面部分をマスキングしましたので、今回は船体や上部構造物を塗装します。 両艦とも第三次ソロモン海戦時の状態で仕上げたいと思いますので色々と船体の塗装について考証していきます。