HMS Naiad in 1940 (Flyhawk 1/700)

編集部から完成品が返却されたのはかなり前のことですが、 ホームページの更新をサボっていました。 キットの製作方法や実艦に関する情報はモデルアート艦船模型スペシャルの方で語りつくしていますのでそちらをご参照ください。 ここでは以前私が製作したWhite Ensign Modelsのキットとの比較をご紹介したいと思います。 ただ、White Ensign Modelsの完成品はかなり手を加えたものなので、純粋なキット比較にはなりません。 結論としてはFlyhawkの方がはるかに優れているということなのですが、 White Ensign Modelsのダイドー級のキットはかなり古いものなので、いたしかたないといったところでしょうか。 下記の比較した写真を見るとあまり変わりがない印象を受けるかもしれませんが、 それはWhite Ensign Modelsの完成品がかなり作りこまれたものだからと思ってください。
ところで、ナイアドのキットですが梱包にもかなり工夫がされています。 部品が破損しないための工夫もされているのですが箱を折りたたむと飾り台として使えるようになっています。 右の写真は飾り台に完成品をセットしたところを撮影したものです。 なかなかいいかんじですね。



[前ページ]